派遣のお仕事が決定しました。勤務1日目に派遣会社の営業の担当の人…

派遣社員として働く会社が決まりました。

派遣先が決定しました。勤務1日目に派遣会社で営業を担当している人と就業先の近くのコンビニで合流することになっていたところ、営業担当者がどうしたことか店の前にいないので中にいるのだろうと思いお店の中に入ってみると、営業担当者は雑誌売り場に座り込んでいかがわしいグラビアのページを開けて読んでいるところを発見!こんな担当者の仕事なんてとてもじゃないけどできないことと考えて、そこで声をかけずにこっそりと店の中から出て即刻派遣会社に辞退する旨の連絡をしました。

再就職にあたって相応の準備は不可欠です。

転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必要不可欠です。そのなかでも、目に映る「服装」は、大事に感じてしまいます。けれど、近年の面接については、形式ばらない服装が良い会社もあるので、きっちりビジネススーツを着て臨まなくても良いケースもあります。とくに会社の創立してすぐの会社などは、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で面接を受けたほうが、相手に好印象を与えられます。さらに、フランクに話をしやすいのもメリットといえます。そうして、私服ですと面接中に、洋服について、話題が広がることがありますから、もしかしたら面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということから、転職は会社の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系の)面接時には正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

看護婦と呼ばれていた看護師という仕事は、どうしても女性のかなり多…

以前は看護婦と言われていた看護師は資格として歴史的背景から女性のたいへん多い職種です。そして、気力それから体力ともに大きく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。そのために、職場環境での対人関係が上手くいかなかったり、自分の結婚・出産などによってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートのバランスをかなり難しい職業ともいえます。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職する人が多い現実があります。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に困っています。ずっと、各病院は、看護師を募集する「売り手市場」となっていて、それが転職増加の要因になっているのでしょう。

転職エージェントに登録した場合、電話やメールで執拗に連絡が入ってきます。

転職サイトに一旦登録すると、電話・メールで嫌になるぐらい連絡が入ります。これに対して転職初心者は非常にビックリされると思います。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが仕事なため、かなり積極的です。特に大手エージェントは、転職を完了させる対価として企業から報酬が入る仕組みであるといえるので、転職活動を行っている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。さらに、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定がでた瞬間に、入社を強引にすすめてくることが多いです。自身の気持ちをハッキリしておき、無理に転職しないように注意することが重要です。

将来に目を向け、楽しみつつ、転職活動と付き合っていけ・・

将来に目を向け、楽しみながら転職と向き合うことで、精神的な負担も軽減されるので、転職活動の間の堕落も避けられるでしょう。またメンタルが良好であれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つかるはずです。理想とするのは、やはり、休職期間をつくることなく新しい職場を見付けることです。現在の会社を退職せずに次の仕事を見つけるのが理想といえます。そのうえ、休職期間をなくすことで、仕事をやめても、すぐに働けます。そうすることで、職歴に空白期間ができないので、将来に響くこともありません。要するに、転職の時に不利になることがないということです。先のことを考えながら、転職活動を考えてみてください。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました