未分類

未分類

転職をする際の面接でクールビズで良いとと事前に連絡が来る場合もあります。ですが、…

転職時の面接に関してですがクールビズでも大丈夫ですよと連絡が来るケースもありますが、なかには、クールビズで行くのは悪い印象を与えるのでは?と考える人がいます。クールビズに関する迷いを心に持っている方々に伝えたいのは、クールビズで来るように言われた面接時は書かれていることを実行したほうが不安要素がないです。
未分類

転職サイトや転職エージェントを通じて、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。

転職サイトや転職エージェントなどを使って、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。しかしながら、転職の幅を広げたいのであれば、同時に転職フェアを活用することをおすすめします。多くの企業が一堂に会し、そこに足を運ぶことにより気になっている企業に関する情報を直接得られますし、それだけでなく、その場にいるスタッフ(説明員)から、企業特有の個性を感じられるでしょう。
未分類

自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意が必要です。

好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は要注意です。これは、私が実際に経験したことなのですが、私自身、食べることが大好きだったのですが、それが高じて、過去には、飲食業界(レストラン)で勤務していたことがあります。その飲食店での業務内容は、そのお店で任されていた業務内容は、盛り付けやホール業務です。
未分類

たいてい大手企業は「定期採用」で人材を確保します。ですか・・

大半は大手企業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入る事は容易ではありません。おまけに、郊外~地方となるとそのチャンスはたいへん少なくなりそうです。ただ、「製造業」に関連する企業であれば、都市部でない地方の工業団地近辺に工場を置いているはずです。その地方工場では事業拡大に伴って中途採用することも珍しいことではありません。
未分類

今年中に転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな・・

これから転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、できれば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当ては会社側が社員に雇用保険を払っているところであれば、必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。
未分類

やっている転職する活動で「私は今までずっとこのよ…

転職する活動中に、「私は今まで、こういう内容の仕事をしてきました」「これまでにこういったスキルを身につけることができました」と過去の自身の実績などをしっかりアピールしなくちゃと考える人はわりと少なくありません。ただし、転職先となるその職場で「機会があればこういった仕事をしたい」「私が申したような業務ならできれば貢献できるはず」と未来の姿を話して売り込むほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。
未分類

再就職の際の採用面接では、規模の小さい企業だったらそこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、…

転職のための面接では、小規模業者だったらおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、それ以外にも例を挙げるとしたら、これから職場でかかわりの深くなる部署の責任者、つまり課長や部長などが担当することになるでしょう。その中でも営業系や事務系などの部署に転職する場合は、資格での人の評価が難しいですから、自信を持ち自身を売り込んでいくことが必要であり大事なことです。
未分類

転職先にて、「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

転職しようと思うなら、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。中でも、入社した初年度は、ほとんど「研修期間」を含んでいる企業も多数で、自分の転職では、四苦八苦して新しい職を見つけることができたのに、悲しいことに年間報酬が前職とあんまりイコールでした。それに、仕事は多様で忙しく、かなり責任が伴うもので、1年目を乗り越えるのにやっとの状態でした。
未分類

万一あなたが、現職からの転身の決心したなら、徹底し・・

万一転身を思い立ったのなら、完全に周りには内密にその気持ちを知られないように、転職活動していき、現職期間中は、できる限り周囲に知られないように通常通りに振舞うのが賢明です。転職先が決まっていない間、その点を認識していれば、希望通りの条件に沿う転職先が見つからなくても、転身時期を遅らせながら、現在の職をそれまで通りに続けても容易にできます。
未分類

派遣での仕事が決定しました。仕事の最初の日に営業を担当している人…

派遣のお仕事が決定しました。就業の初日に派遣会社の営業の担当の人と就業先の近所にあるコンビニエンスストアで待ち合わせたら、営業担当者が約束をしたお店の前にいないので中にいるのではないかと考え店内に入ってみると、彼はなんと雑誌のコーナーに座り込んでいかがわしいグラビアのところを開いて読んでいるところを発見!こんな担当者のお仕事なんてやってられないだと感じ、その場で声をかけることなく気付かれないようにコンビニを出て即刻派遣会社へ辞退をする旨の連絡をしました。
タイトルとURLをコピーしました