未分類

未分類

再就職の時にする面接での身なりはクールビズでお越しくだ・・

転職をする際の面接で会社側からクールビズでもOKとと伝えられることもあるようです。しかし、なかには、クールビズで面接を受けるのは実際は社会人として常識に欠けるのでは?とマイナスに考える人もいます。クールビズに関する不安を心に抱え込んでしまっている人たちにアドバイスしておきたいのは、企業側からクールビズで来ても良いとされた面接については書かれていることをそのまま守った方が安心です。
未分類

転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動を行う人はかなりいるはずです。

転職サイトや転職エージェントなどを使用して、転職活動する人は年々増加しています。とはいっても、より確実に良い仕事を探したいのであれば、それに加えて転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。一度足を運べばあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、さらに、説明員等を通じて、その企業の社風についてある程度は知ることができます。
未分類

得意なことや好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は注意です。

趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意です。これは、私が経験したことなるのですが、私自身、食べることが本当に好きで過去には、飲食の世界(レストラン)で働いていた時期がありました。その飲食店での業務内容は、その飲食店で担当していた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。
未分類

たいていの場合は大業は「定期採用」がメインなので、転職で入る事は容易ではありません。

大半は一流企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。そのうえ、都心を離れると転職の見込みがずっと低くなるでしょう。けれども「製造業」の企業の場合あれば、地方の工業団地付近に工場を持っていることも可能性があります。
未分類

今から転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合・・

近いうちに転職活動をしていく人で、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、可能ならば失業手当をもらうことをおススメします。これは働いている会社側がしっかり雇用保険を払っているところであれば、必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。
未分類

いい転職をしようと転職活動で「私は今まで、こういう内容・・

転職する活動をしているときに、「かつて、こういった仕事に尽力しました」「過去の仕事によって、こういった経験を身につけることができました」と過去の自身の実績・セールスポイントをしっかりアピールしなくちゃと考える人はとても多いです。ただし、転職先のその企業で「近いうちにこういったことをしたい」「このような内容の業務をするのならぜひ貢献したい」と将来のプランを話して売り込むほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。
未分類

転職時の採用面接では、小企業だったら概ね「人事」が面接官となります・・

転職の際の採用面接では、小企業クラスの場合概ねその社内の「人事」担当者が面接官になりますが、100%ではありません。具体的には、仕事をすることになる部署の責任者、言い換えれば課長や部長などの管理職が面接の場に居合わせる可能性もあるのです。とりわけ事務系・営業系に再就職する場合は資格などという人の良し悪しを判断しづらいですから、自主的に自分自身をアピールしていくことで好印象を与えられます。
未分類

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。転職したはじめの年度は、大方「試用期間」を含んでいる企業もあるのです。私の事例では、どうにかして手にした仕事なのに、前いた会社での年間報酬とあまりイコールでした。それにプラスして、業務はかなりキツく、たいへん責任を伴い最初の1年は、たいへん骨が折れました。
未分類

一度、とらばーゆの決断したなら、社内の人間にはそれを伝えず・・

例えばあばたが、転業を決断したなら、完全に周囲の人間にはこっそりとその気持ちを知られないように、うまく活動していき、現職期間中には、可能な限り同僚に気づかれないように通常通りに仕事をするのがたいへん合理的です。現職中、そのスタンスでいけば、もし転職先探しがすぐに見付けることができなくても、転身時期を見送りながら今の仕事をし続けてもトラブルにはなりません。
未分類

派遣として働く会社が決まりました。

派遣での仕事が決定しました。最初の出勤日に営業を担当している方と就業先近くのコンビニで落ち合う予定だったのですが、彼がなぜかコンビニエンスストアの前にいなかったので店内にいるのだろうと考え店の中に入ったところ、担当者はなんと雑誌の所で座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開けて読んでいるのを発見!こんな担当の人のお仕事なんて我慢できないことと判断し、その場で声をかけず気付かれないように店を出てすぐさま派遣会社に辞退すると連絡をしました。
タイトルとURLをコピーしました